[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件で、実行役として殺人罪で起訴された女2人の初公判が2日、マレーシアの首都クアラルンプール郊外の裁判所であり、2人は起訴内容を否認、弁護側は無罪を主張した。

 2人はベトナム人のドアン・ティ・フォン(29)、インドネシア人のシティ・アイシャ(25)の両被告。起訴内容によると、クアラルンプール国際空港で2月13日朝、正男氏の顔に猛毒のVXを含んだ液体を塗りつけて殺害したとされる。警察の調べに対し、2人は「男らに空港でのいたずら撮影を持ちかけられた」と殺意を否認していた。

 2人に犯行を指示したとされる北朝鮮籍の容疑者4人はすでに帰国したとみられるが、初公判で検察側は「両被告が4人と同様に殺意を持っていた」と主張。通訳から内容を聞くと、2人は首を振り、否認した。

 また、この日は証人尋問もあった。顔に液体を塗られた正男氏を空港の診療所に案内した警察官は、正男氏が「ゆっくり歩いて。目がかすんでよく見えない」と話しながら自力で歩いたが、診療所に着くと、いすに倒れ込んだと語った。(クアラルンプール=守真弓乗京真知

 2被告は正男氏殺害の実行役と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも