[PR]

 日本銀行の中曽宏副総裁へのインタビューでの主なやりとりは次のとおり。

 ――2013年からの4年半に及ぶ金融政策をどう評価していますか。

 「大規模な国債買い入れなどで実質金利をかつてないほど大きく引き下げてきた。企業や家計の経済活動を刺激し、日本経済は大きく改善している。企業収益は過去最高水準で推移し、労働市場はほぼ完全雇用となり、賃金も緩やかながら上昇している。金融政策が大きく貢献している」

 ――物価上昇率2%の達成時期…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも