[PR]

 新党「立憲民主党」(代表・枝野幸男元官房長官)は3日午前、東京都選管に新党の設立を届け出た。設立メンバーには枝野氏のほか、長妻昭元厚生労働相らが名を連ねた。総務省が届け出書類に不備がないかを確認し、同日中に設立が認められる見通しだ。

 3日午前、長妻氏が東京都庁を訪れ、新党設立を届け出た。設立が認められれば、枝野氏らは民進党出身者らに新党への参加を本格的に呼びかけるが、規模によっては選挙戦の構図に影響を与える可能性もある。

 枝野氏は2日夜、「いま、最終的に立ち上がりの綱領を仲間と検討しているが、基本的には民進党の綱領や基本政策をスタートにおいては踏襲する。選挙後、多くの仲間が生き残ってブラッシュアップしていく」と記者団に述べた。