[PR]

 生後1カ月の長女を揺さぶって頭に重傷を負わせるなどして死亡させたとして、警視庁は3日、東京都町田市木曽西2丁目、建築業中馬隼人容疑者(40)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。「事実ではありません」と容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、中馬容疑者は1月13日午後11時すぎ、自宅マンションで長女ひかりちゃん(当時生後1カ月)の頭を激しく揺さぶるなどして急性硬膜下血腫や眼底出血などの大けがを負わせ、3月22日午前4時ごろ、入院先で頭部外傷に起因する肺炎で死亡させた疑いがある。

 中馬容疑者は妻(26)とひかりちゃんとの3人暮らしで、事件当時、妻は入浴中だった。風呂から上がった妻が、入浴前は元気だったひかりちゃんがぐったりしていることに気づき119番通報した。搬送先の病院で眼底出血やあばら骨が折れていることなどが判明し、不審に思った病院が警視庁に連絡していた。捜査関係者によると、中馬容疑者は逮捕前の聴取に「あやそうと思って揺すっただけだ」などと話していたという。

 ひかりちゃんが搬送された際の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら