[PR]

 衆院選の岐阜1区に希望の党からの立候補を目指していた新顔吉田里江氏が、希望の公認を得られず無所属で立候補する意向を固めたことが3日、分かった。吉田氏は民進党に離党届を出し、準備を進めていた。

 民進県連幹部らによると民進党本部から2日、吉田氏に希望が公認しないとの連絡があったという。県連は同日、緊急会合を開き、吉田氏の無所属での立候補を決めたという。

 岐阜1区にはほかに自民前職野田聖子氏、共産新顔の山越徹氏、諸派新顔野原典子氏が立候補を予定している。

こんなニュースも