[PR]

 菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、憲法改正議論で希望の党と連携する可能性を問われ、「政策を実現していくことが極めて重要だ。掲げる政策に賛同いただくのであれば、しっかり対応していく」と述べ、衆院選後の連携に前向きな姿勢を示した。希望の党は、改憲議論を積極的に進める方針を掲げている。

 一方、菅氏は「憲法問題(の議論)は衆参の中に(憲法)審査会があるので、まずそこでそれぞれの政党が憲法改正についての考えをまとめ、深く議論し、国民にご理解いただくこと」が重要だと強調した。

 自民党衆院選公約に、憲法への自衛隊明記が盛り込まれたことについては「自民党は自主憲法制定が立党の精神であり、その必要性を訴えていくことは自然だ」と述べた。