[PR]

■「ハンサムマザー」はとまらない:48

■今尾朝子

 急に涼しくなり、秋冬の流行が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はVERYが目をつけた、ママに優しい秋冬トレンドをピックアップしてみます。

 まず注目したいのが、レギンスの復活。スカートや長め丈のシャツの下に、タイツではなくレギンスをはく、よりスポーティーなスタイルが流行(はや)りそうです。防寒はもちろん、これならスカートで自転車に乗っても安心。早くも人気ブランドのニットレギンスが完売しているというから驚きです。

 素材なら、べロア。今季はワンピースから靴まであらゆるアイテムに使われていますが、ママには特にパンツがお薦め。お出かけ感が手に入る上、生地の柔らかさからママに多い床座りのときでも、シワを気にせず楽に過ごせそうです。

 コートのトレンドなら、エコファーに注目。エコファーとは化繊でできたフェイクファーのこと。リアルなのかフェイクなのか一見見分けがつかないほどクオリティーが上がってきていますが、もちろんリアルファーより断然リーズナブルで、扱いも慎重にならずに済む点も、ママに優しいポイントです。毛足の長いタイプは、カジュアルな装いに華やかさが生まれるので、普段着にこそ取り入れてみてはいかがでしょう。ショート丈ならエレガントになりすぎず、コーディネートも簡単です。

 コーデュロイパンツもお薦め流行のひとつ。デニムやチノパンなど、子連れの日のパンツというと地味で汚れにくい色が重宝しますが、今季はキレイ色のコーデュロイパンツが豊富なので、そんな一本を選んでみるもよし。秋冬といっても、自宅でじゃぶじゃぶ洗える流行はうれしい限りです。

 他にもチェックやジャケット……と挙げればきりがないのですが、ママたちの間でブームになるのは、気分を上げてくれるうえ、より動きやすい、より便利と思わせてくれる一石二鳥、三鳥するアイテム。この秋、そんな“優しい”服に、みなさんも出会えますように!

こんなニュースも