[PR]

 七十七銀行員だったアマチュア漫画家、伊藤仁(じん)さん(66)=仙台市泉区=が、名取市の閖上支店勤務の時に出した「まんが閖上風土記」を、22年ぶりにリニューアル出版した。震災で閖上はほとんとの家が流失し、多くの知人が亡くなった。「街が存在した証しを残したい」と考え、復興の様子も描き加えた。

 伊藤さんは少年のころは漫画家志望。銀行員の道に進みながらも描き続け、行内誌に定年まで連載した4コマ漫画「クレオ君」シリーズが評判になった。

 閖上支店の次長を務めたのは1994年からの2年間。漁師町として栄えた名残があったころだ。事業主らと知り合い、郷土史をひもとくうちに、街の魅力にはまった。おっちょこちょいの銀行員クレオ君を主人公に、地名の由来や名所旧跡の言い伝え、産業を紹介する漫画を、95年に自費出版した。

 閖上を離れた15年後、津波が…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら