[PR]

 トヨタ自動車は3日、半世紀余りに及んだ豪州での自動車生産を終えたと発表した。豪ドル高などを理由にした生産中止を2014年に発表していた。日本などで組み立てた車の現地での販売は続ける。

 トヨタは1963年に豪州生産を開始。ピークの07年にはカムリなど年15万台をつくり、中東などに輸出もした。累計生産は345万台。日本国内での年間生産をやや上回る水準だ。

 豪州での車生産は米フォード・モーターがすでに撤退。残る米ゼネラル・モーターズも近く終えると発表済みだ。