[PR]

 新党「希望の党」代表の小池百合子・東京都知事は3日、衆院選への出馬の可能性について「100%ありません。都知事としてしっかりやっていくということです」と述べた。東京オリンピック・パラリンピックのイベントで訪れた鹿児島県庁で、報道陣の質問に答えた。

 小池知事は「出馬の可能性は何%ないですか」と問われると、「(小泉)進次郎さんなどもきゃんきゃんはやしたてるんですが、小泉元総理からも都知事でがんばれという風にいわれております。親子の間で少し考えに違いがあるようですね」と皮肉交じりに述べた。

 希望の党が公約の一つに掲げる原発ゼロについては「今動いているのは5基にすぎないと思います。原発ゼロはできないのではなく、これから意志をもってどうするかということだ」と話した。(西村奈緒美)