[PR]

 衆院選の公示が1週間後に迫るなか、新党「希望の党」が公認候補の発表にこぎ着けた。代表の小池百合子・東京都知事が掲げた「過半数に届く候補者を擁立したい」との目標を実現しようと、地方に足場を持つ民進党に譲歩した「急ごしらえ」の布陣になった。

 鹿児島県で3日にあった東京五輪・パラリンピックの関係イベントに参加した希望の党の小池代表は記者団を前に胸を張った。

 「希望の党とご縁のあった方、民進党から希望のあった方、政策が一致すると確認させてもらい、同志として真の改革をやっていく方々だ」

 小選挙区の公認候補の一覧には…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら