[PR]

 前橋市は3日、同市の40代男性が腸管出血性大腸菌O(オー)157に感染し、1日に死亡したと発表した。感染経路は不明。家族ら周辺への感染や入院先での院内感染は確認されていない。埼玉、群馬県内の総菜店の商品を食べて食中毒になった患者から検出された菌の毒素の型とは異なるといい、市は関連はないとみている。

 市によると、男性は8月30日に下痢などを発症し、9月2日に医療機関に入院。同4日にO157への感染が確認され、その後、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症したという。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/