[PR]

 高校野球の秋季大阪府大会は3日、準々決勝の1試合が万博球場であり、大阪桐蔭が大塚を13―0(6回コールド)で下し、準決勝進出を決めた。

 大阪桐蔭の西谷監督は「この大会はなかなか打てていない」と物足りなさを感じていた。「どこのチームも変化球を駆使してくる。打たされているようでは勝ち上がれない」とも。テーマは、技巧派投手の攻略。この日に対戦した大塚の先発海江田も、スライダーや緩いカーブを効果的に使う変化球投手だった。

 答えを示したのは、5番の山田健太(2年)だった。三回1死一、二塁からスライダーをとらえ、中越えへ2点二塁打。六回1死一、二塁では、同じ球を左翼席へ運び、チームトップの5打点をたたき出した。

 「データとして緩い球がくることは分かっていた。逆手にとって打っていけば、すごく楽なゲーム展開になると監督から言われていた」と山田健。狙い球のスライダーをしっかりと引きつけて振り切った。藤原恭大、中川卓也、根尾昂ら上位打線も同じように変化球を安打にし、思惑通りの展開にした。

 国体に出場するため、ここ4日間で3試合をこなす過密日程だった。その短期間で、打撃陣は試合後も練習で修正に取り組み、7長打13得点と結果を残した。それでも、西谷監督は「まだまだ。もっと率をあげていかないと」と気を緩めなかった。(小俣勇貴

こんなニュースも