[PR]

 タイ警察によると、タイの首都バンコクの高級アパートの駐車場で2日夜、男性2人が5~6人の武装した男に襲われ、持っていた日本円の現金約1億9700万円を強奪された。

 現金は、金や宝石を取引しているタイの実業家が日本で商売をした売上金だという。別の男性が日本からタイの空港に運び、それを受け取った2人の男性が実業家が住むアパートの部屋に運ぼうとしていた。襲われた男性の1人は頭に20針縫うけがをした。

 実業家は5年ほど前からこの仕事を始め、海外での取引で得た様々な外貨を飛行機でタイに運んでいたという。(バンコク=貝瀬秋彦)