[PR]

 京都、大阪、兵庫で起きた青酸化合物による連続不審死事件で、殺人などの罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)=京都府向日市=の裁判員裁判が10日、京都地裁(中川綾子裁判長)であった。検察側は最終論告で「まれに見る凶悪、重大な事件だ」と述べ、死刑を求刑した。

 被告は、夫や交際相手の男性に対する殺人3件と強盗殺人未遂1件の罪で起訴された。起訴状などによると、2007年12月~13年12月にかけ、遺産目的や預かったお金の返済を免れる目的で夫の勇夫さん(当時75)や、交際相手の本田正徳さん(同71)、末広利明さん(同79)、日置稔さん(同75)に青酸化合物を飲ませて殺害、または殺害しようとしたとされる。

 検察側は論告で、被告が処分したプランターから青酸が入った袋が見つかったことを根拠に、「被告は青酸との接点があった」と強調。4件の被害者がいずれも被告と一緒にいた直後に倒れ、3件で被害者が死亡した直後に金庫を解錠して遺産を手に入れたといった共通点を挙げ、「被告が犯人でなければ説明できない」と主張した。

 被告は計5回の被告人質問で「私が殺(あや)めたと思う」などと犯行を認めた一方で「殺すメリットがない」などとも述べ、発言が二転三転。弁護側は、被告は認知症で訴訟能力もないとして無罪を訴えている。

 11日には弁護側の最終弁論があり、結審する。判決は11月7日に言い渡される予定。(安倍龍太郎)