[PR]

 米共和党のウォルター・ジョーンズ下院議員は3日、2000年に米南西部アリゾナ州で海兵隊の輸送機オスプレイが墜落した事故に関し、国防総省や海兵隊を相手取り、事故調査やオスプレイ導入に関する内部情報を公開するよう、ワシントンの連邦地裁に訴えを起こした。

 この事故では、夜間の救助訓練を行っていたオスプレイが墜落、隊員19人が死亡。その後の調査報告書は、原因にパイロットの操作ミスを挙げた。ジョーンズ氏は死亡したパイロットの家族と共に原因究明を続け、昨年、原因はパイロットの操作ミスでないと国防総省に認めさせた。

 一方、墜落事故が頻発したにもかかわらず、海兵隊は当時、配備計画を推進。当時の幹部は任務遂行の可能性が約26%しかなかったのに73%もあると主張していた。ジョーンズ氏はこの点について情報公開を要求。事故前後の海兵隊幹部のオスプレイに関するやりとりや、事故原因の調査資料などを開示するよう求めたが、わずか1枚しか得られなかったという。

 ジョーンズ氏は3日、連邦議会前でパイロットの遺族と記者会見し、「海兵隊はオスプレイ計画を守るためなら何でもする。オスプレイは今も根本的な問題を抱えている」と話した。(ワシントン=土佐茂生)

こんなニュースも