[PR]

 宇都宮市西刑部町(にしおさかべまち)の知的障害者施設「ビ・ブライト」で4月に入所者の男性(28)が大けがを負った事件で、栃木県警は4日、事件後に実施された内部調査の資料を捨てたとして、施設の運営法人「瑞宝会」(宇都宮市)の職員3人を証拠隠滅の疑いで逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕されたのは、同市陽南2丁目、手塚通(69)▽栃木県大田原市末広3丁目、斎藤博之(58)▽宇都宮市南大通り2丁目、斎藤健輔(56)の3容疑者で、手塚容疑者と斎藤博之容疑者は県警OBという。

 捜査1課によると、3人は4月15日にあった男性への傷害事件に関連し、職員が作成した内部調査の書類を同18日に施設内で破棄し、証拠を隠した疑いがある。事件をめぐっては、男性を蹴って腰椎(ようつい)骨折の大けがを負わせたなどとして、無職佐藤大希(22)と瑞宝会職員松本亜希子(25)の両被告が傷害罪で起訴されている。男性は一時意識不明の重体になったが回復し、命に別条はないという。