天皇、皇后両陛下は4日、東京都品川区のブルネイ大使館を訪れ、ボルキア国王の即位50周年を祝って記帳した。宮内庁によると、6日に同国で開かれる記念晩餐会(ばんさんかい)への招待があったが、日程などを考慮して出席は見送られたため、両陛下が記帳を希望した。両陛下が外国大使館を記帳目的で訪れるのは初めてという。天皇陛下は同日、国王あてに祝電も送った。

 この日、両陛下は大使館の入り口で大使夫妻の出迎えを受け、笑顔で握手を交わした。それぞれ「明仁」「美智子」と署名し、祝意を伝えた。(島康彦