[PR]

 スポーツ用品大手、独アディダスの日本法人は4日、スポーツ選手向けのオーダーメイドの靴や商品開発などを担う拠点「フットウェアラボ」を神戸市長田区に開いた。2019年のラグビーワールドカップや20年の東京五輪・パラリンピックなどに向け、選手支援を強化する。

 技術者養成の役割も担い、こうした複数の機能を備えた拠点を独以外に設けるのは初めてという。4階建てビルを借りて最先端の計測機器や製靴機器を置き、国内外の選手の足形にあった靴をつくる。独本社が手がける商品開発の作業も一部担う。

 責任者には、長田区に工房を構える靴職人の大森敏明さん(73)が就いた。アディダスと契約して1999年から協力し、同社を代表する運動靴シリーズとなった「アディゼロ」の生みの親だ。大森さんは64年の東京五輪では、別のスポーツ用品大手にいて自転車選手らの靴をつくったという。「長田には靴職人や素材メーカーが多く仕事がしやすい。2回目の五輪には気合を入れて臨みたい」と話した。

こんなニュースも