[PR]

 プロ野球・日本ハムの大谷翔平(23)が、4日のオリックス戦(札幌)で、「4番・投手」として先発出場した。大谷が指名打者を使わずに先発出場するのは、「8番・投手」だった昨年のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦(札幌)以来で、4番を打つのは初めて。「4番・投手」は、過去に藤村富美男(阪神)、大下弘(東急など)、野口二郎(阪急など)らが経験している。

 大谷は昨秋に右足首を痛めた影響で、今季はキャンプから投手としての調整が遅れた。打者出場だけに絞って開幕を迎えたが、4月8日のオリックス戦(京セラ)で左太もも裏を肉離れし、離脱。6月23日に打者として復帰し、7月12日には投手として今季初登板を果たし、今回の試合が5試合目の登板になる。

こんなニュースも