[PR]

 スペイン北東部カタルーニャ自治州が一方的な「独立」を宣言しそうだ。州議会は4日、本会議を9日朝に開くと決め、この席で独立問題を議論する。独立を許さない中央政府を向こうに、プッチダモン州首相は4日夜、見解を発表する見通しで、事態は緊迫してきた。

 カタルーニャ自治州は1日、中央政府の反対を押し切り、スペインからの独立を問う住民投票を強行。賛成多数の結果を得た。憲法裁判所の差し止めを無視しての投票でもあった。

 プッチダモン氏は、英BBCの3日のインタビューで「週末から週明けにかけて州政府は行動をとる」と発言。住民投票の根拠となった州法は「投票結果の確定から2日以内に、独立を宣言する議会を招集する」と規定する。議会は、135議席のうち72議席を独立派が占める。9日の本会議では住民投票について報告がなされ、プッチダモン氏が独立宣言に踏み切るとの見方が出ている。

 3日には、ゼネストにあわせて独立派の数十万人がデモを実施。参加者は住民投票の阻止をはかった治安部隊と独立派の衝突で負傷者が相次いだことに抗議し、「インダパンデンシア(独立)」と連呼した。市民がプッチダモン氏の背中を押す形だ。

 一方、独立派への反発も強まっ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも