[PR]

 認知症や介護が必要な状態にならないように、高齢者の生活の場にロボットやIT(情報技術)を活用する取り組みが進んでいます。介護の担い手が不足する中で、健康寿命を延ばす「介護予防」の切り札になるのでしょうか。(鈴木友里子)

 ■受け答え分析 認知症の予兆察知

 千葉県佐倉市の介護付き有料老…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら