[PR]

安倍晋三首相(発言録)

 この選挙、私たちは愚直に誠実に、具体的な政策を訴えていきたい。選挙は本来、国のために、地域のために、国民のために、どういう政策を進めていくのかをぶつけ合うものでなければならない。ただ単に当選するために右往左往しているような姿を国民に見せるべきではない。大変残念な状況になっています。

 私たちは(野党に転落していた)3年3カ月、政策を磨いて、そして(アベノミクス)三本の矢の政策を前面に押し出して、自民党、公明党は政権を奪還した。この4月、高校や大学を卒業した子どもたちの就職率は過去最高水準になったんです。自分たちの努力で未来を開くことができる。そういう真っ当な状況を、私たちは作り出すことができた。それこそが未来ある、希望ある日本じゃないでしょうか。(茨城県つくば市での街頭演説で)