[PR]

 安倍晋三首相は4日夕、水戸市で街頭演説に立った。小池百合子・東京都知事が代表を務める希望の党を念頭に、「かつて90年代に新党ブームがあった。2009年にも民主党ブームがあった。でも、残念ながら、このブームが生んだものは政治の混乱だった」などと訴えた。

 終了後、同市内の洋食店で、大井川和彦・茨城県知事や同県選出の自民党の岡田広参院議員らと会食。岡田氏によると、この席でも首相は「(新党が)続くことは難しいのではないか」と語っていたという。90年代に誕生した日本新党や新党さきがけ、新生党などが念頭にあるようだ。

こんなニュースも