[PR]

 欧州連合(EU)の行政機関である欧州委員会は4日、ルクセンブルク政府に対し、通販サイト大手の米アマゾンに不当に優遇した税金2億5千万ユーロ(約330億円)を取り戻すよう命じた。

 欧州委によると、ルクセンブルクはアマゾンに対し、2006年から14年まで税対象の利益の約75%を課税していなかった。欧州委は、この優遇措置が企業間の公正な競争を損なう「国家補助」にあたると認定した。

 また、欧州委は同日、アイルランド政府が米アップルに不当に優遇した税金130億ユーロ(約1兆7160億円)の回収を怠っているとして、EU司法裁判所の判断を求めることも決めた。アイルランドは昨年8月、優遇した税を今年1月までに取り戻すよう命じられたが、まったく回収していないという。(ブリュッセル=津阪直樹)