[PR]

 住民投票を強行して独立派が勝利したと訴えるスペイン北東部カタルーニャ州のプッチダモン州首相は4日、テレビ演説で「州機関は数日中に投票結果を適用する」と語り、独立を宣言する日が近いと表明した。一方、混乱を避けるため、独立に向けたスペイン中央政府との交渉や国際的な仲介を呼びかけた。中央政府側は即座に拒否した。

 州議会は9日に本会議を開き、独立問題を議論する予定。プッチダモン氏は「(独立という)望みがかなう日が近づいた」とした。スペイン国王が「州当局は意図的に憲法違反を重ねている」と断じたことについては、「(投票で意思表明した)何百万ものカタルーニャ人を無視するものだ」と批判した。

 一方で「仲裁が必要だ。交渉こそ我々の政治風土で、受け入れないのは無責任だ」と述べ、中央政府に対話に応じるよう呼びかけた。だが、住民投票が違法だと指摘してきた中央政府は「交渉したいなら法の道に戻る必要がある」と突っぱねた。

 プッチダモン氏はこれに先立ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも