[PR]

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)と民進党の前原誠司代表は5日午後、都内で会談した。両氏は終了後、記者団の取材に対し、前原氏が小池氏に衆院選への立候補を要請したが、小池氏が「出馬はない」と固辞したことを明かした。また、安倍晋三政権を倒すために連携することを改めて確認したという。

 小池氏は会談後、前原氏からの出馬要請について「大変熱望いただいた。ラブコールをいただいたが、出馬は考えていないとお伝えした」と記者団に説明。一方、前原氏は「衆院選は総理を選ぶ選挙。小池氏に(衆院選に)出ていただきたいが、出られないなら早急に(希望の首相候補を)話し合うことで合意した」と語った。

 選挙戦について、小池氏は「安倍政権に対峙(たいじ)する方向性を維持しながら臨みたい」と語り、前原氏も「安倍政権を倒すことで小池氏と一致した」と述べた。

 両代表は電話やメールでやり取りしているが、直接会ったことが確認されているのは9月29日以来。

 希望の党内では、結党当初の勢…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら