[PR]

 すしチェーン「小僧寿し」(東京)などから現金を着服したとして、業務上横領などの罪に問われた同社元社長大西好祐被告(54)に対し、東京地裁は5日、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。前田巌裁判長は「会社を食い物にした悪質な犯行だが、会社と示談が成立している」と述べた。

 判決によると、大西被告は2014年2~5月、子会社を設立する目的で小僧寿しから自分名義の口座に振り込まれた現金約200万円を生活費などで流用して着服するなど、同社と関連会社に計約2200万円の損害を与えた。

 被告側は「横領ではない」と起訴内容を否認したが、判決は「私的な流用であることは明らか」と述べ、「経営状態が厳しいなか、新たな社長として期待されたことに乗じた犯行手口は大胆で、強い非難に値する」と主張を退けた。(長谷文)