[PR]

 海外企業への支払いの一部は「知的財産の使用料」――。ラリーカーの開発費をめぐり、トヨタ自動車が名古屋国税局から指摘を受け、追徴課税された。国税当局が海外への支払いについて監視を強める一方で、知的財産の解釈をめぐっては国税不服審判所で争われたケースもあり、税務対応の難しさが浮かぶ。専門家は「海外企業との取引では精査が必要」と指摘する。

 知的財産の代表的なものが特許だ。海外企業の特許を日本で使うために代金を払う場合、海外企業に対する所得税を源泉徴収する義務がある。税率は20・42%だが、租税条約で10%前後に軽減している国も多い。二重課税を防ぐため、海外企業は日本での徴収分を差し引いて納税する。

 トヨタが2015~16年にド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも