[PR]

 全日本大学野球連盟は5日、ホームページでプロ志望届提出者の一覧を更新し、東大4年の宮台康平投手(22)が新たに提出した。150キロの直球を持つ左腕宮台は、東京六大学リーグ通算5勝を挙げている。

 東大出身のプロ選手は元ロッテの小林至投手ら5人おり、最近では2004年のドラフト会議で松家卓弘投手が横浜(現DeNA)から指名された。

関連ニュース