[PR]

 「日本版GPS(全地球測位システム)」と呼ばれる準天頂衛星「みちびき」の4号機が10日、打ち上げられた。今回の成功によって、来年度から高い精度の位置測定サービスが始まる。どんな仕組みなのか。

 みちびきは、位置情報サービスの精度を高めるため4機の衛星で構成されたシステムだ。サービスが始まると、スマホやカーナビの精度向上につながる。

 衛星での測位は、電波を4機以上から地上で受信できれば可能だが、高い精度の測位には8機以上が必要とされている。米国が運用しているGPSは、地球全体に30機以上の衛星が配置されているが、それぞれの地点では6機の電波しか受信できなかった。

 みちびきは、GPSと互換性を持ち、3機が日本からオーストラリアの上空を、地上から見て8の字に見える軌道で飛ぶ。この地域では、GPSと合わせて9機からの電波を受信できるようになり、測位精度が高まる。現在はビルの谷間や山間部などで生じる数十メートルの誤差が、日本の真上から電波を受信できるようになることで、10メートルほどに縮まると国は見込んでいる。

 東京大空間情報科学研究センター長の小口高教授は「日本でカーナビが世界に先駆けて普及したのは、主に狭い道路が複雑に入り組む都市での移動に役立ったからだ。測位の高精度化は、日本では特に恩恵が大きいのでは」と話す。

 もう一つの特徴は、専用の受信機を使うことで、誤差6センチという、きわめて高い精度の測位ができることだ。衛星からの電波は、大気上層の「電離層」が乱れると影響を受けるが、国土地理院が全国に持つ電子基準点のうち、約300カ所と通信し、データセンターで誤差を補正する。低速で畑を耕すトラクターの自動運転などの活用を国は想定している。高速で移動する自動車だと誤差は12センチになり、ほかのセンサーと組み合わせれば自動運転への応用も考えられるという。

 ただ、このサービスの試験で使う受信機は、重さ3キロで、14センチ角のアンテナを取り付ける必要がある。開発する三菱電機によると、企業向けには販売しているが、一般向けの発売はこれからだ。スマホへの応用も見えていない。

 このほか、誤差が1メートル程…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら