[PR]

 宅配便では鳴るのにセールスマンが来ると鳴らないインターホン、冷蔵庫のボタン一つで外出中の家族のスマホに買って欲しい食材が通知されるシステム――。6日まで千葉市の幕張メッセで開かれた国内最大のIT見本市「シーテックジャパン2017」で、様々な企業の若手有志らが、各社の技術を組み合わせた新サービスを提案した。

 提案したのは、パナソニックやNTT、朝日新聞など45社の若手社員1千人以上が参加する有志団体「One JAPAN(ワンジャパン)」。2016年9月に活動を始め、企業の枠を超えた新たな事業の連携や、働き方改革の提言などをしている。今回はその一環として、メンバーらが考えた新サービスを披露した。

 富士ゼロックス関連会社の浜野義丈さん(37)ら既婚の男性6人が開発したのは、妻とのすれ違いをなくす冷蔵庫の通知ボタンだ。

 発案は、浜野さんが自宅で卵焼きを作ろうと冷蔵庫を開けた際、卵が切れていることがきっかけだ。妻が卵を使い切っても、浜野さんにメールする余裕がなく買い忘れが起きていた。

 「それならボタン一つでスマホ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら