[PR]

 近鉄特急が名古屋と大阪の間を走り始めてから8日で70周年を迎えた。節目を祝うセレモニーが近鉄名古屋駅であった。

 午後3時、記念のロゴを先頭にあしらった「アーバンライナー」が、カメラを手にした鉄道ファンら約400人に見送られ、大阪難波駅へ出発した。

 先立つ式典では近鉄名古屋駅の奥藤(おくとう)修平駅長が「今後も次世代の特急を開発するので期待してほしい」とあいさつ。名古屋市の会社員男性(38)は「どんな車両が出てくるか楽しみ」と話していた。

 近鉄特急は私鉄初の有料特急。1947年、名阪間を伊勢中川駅乗り換えで結び始めた。翌年には宇治山田駅へも運行開始。今では近鉄特急全体で年2300万人を運ぶ。