[PR]

 島根県隠岐諸島沖で5日未明に起きた中国漁船(16人乗り)と香港籍タンカーの衝突事故で、第8管区海上保安本部(京都府舞鶴市)は6日、漁船の船内から乗組員の男性12人の遺体が見つかったと発表した。また、仲間の漁船に救助された4人のうち男性1人も死亡したという。特殊救難隊員らは午後3時半過ぎに捜索を終えた。

 この事故については、中国海上捜索救助センターから5日朝、海上保安庁に「中国漁船が転覆し、乗員16人のうち12人が行方不明になった」と救助要請があった。タンカーの乗組員21人は全員無事だという。