[PR]

 陸上男子の長距離で、2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪で2冠に輝いたモハメド・ファラー(34)=英=が6日、出雲全日本大学選抜駅伝(9日)に出場する東洋大の長距離選手らを指導した。契約するナイキの企画で埼玉県川越市の東洋大キャンパスを訪れ、臨時コーチを務めた。

 午前11時半過ぎ、ファラーが現れると、東洋大の選手たちの目は輝きっぱなし。8月の世界選手権1万メートルでV3を達成した選手が各練習で、「いいぞ」「疲れたか?」などと声をかけてくれる。約1時間の「非日常」をかみしめた。

 終盤に行った2千メートル走には、ファラーも紺色の東洋大ユニホームを着用して参加。全力ではないながらも、ストライドの長い特徴的な走りを披露した。その後の質問コーナーでは、アキレス腱(けん)の故障で悩む選手に靴の改良をすすめるなど丁寧に回答。「つらく、我慢が強いられる時間もあるとは思うが、信じて一生懸命取り組めば、目標は必ずかなう」と激励もした。

 ファラーはトラック種目から離れ、今後はマラソンへ本格的に取り組む。来年4月のロンドン・マラソンに出場予定で「狙うのは2時間8分台。1レースずつ学んで、タイムを伸ばしていきたい」と語る。

 9月の日本学生対校選手権の男子1万メートルで28分44秒88で走り、日本人トップとなる3位に入った西山和弥(1年)は「世界チャンピオンと一緒に走っていると思うと、2千メートル走も高揚しすぎて疲れなかった。教えてもらったことを出雲(駅伝)でも生かしたい」と大喜びだった。(遠田寛生)