[PR]

 沖縄県うるま市の闘牛が舞台のテレビドラマ「闘牛戦士ワイドー」が2018年4月、琉球放送(RBC)で始まる。制作発表会見が5日、うるま市生涯学習・文化振興センター「ゆらてく」で開かれ、制作するワイドーaiプロ代表取締役で市商工会長の新垣壮大さんら関係者が出席した。ドラマをきっかけにうるま市の魅力を広めて観光や商業の発展を目指す。

 「闘牛戦士ワイドー」は13年に闘牛アナウンサーの伊波大志さんが考案。これまで闘牛場など市内のイベントを中心に出演してきた。

 ロケ地は闘牛場のほか勝連城跡や海中道路など9割がうるま市内。ドラマは1話30分で全10話の予定で、主題歌はうるま市出身の人気バンドHYが歌う。総制作費は約5千万円。

 新垣さんは「ドラマを通じて、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら