[PR]

 いつもの定期健診のつもりだった。東京都内で会社を営む男性(74)は16年1月、持病で通う大学病院の主治医に「白血球に異常がある」と告げられた。同じ病院の血液内科を紹介された。

 日頃からスポーツジムに通い、妻(70)と手をつないで近所をよく散歩する。毎朝10時には出勤し、親から受け継いだ会社を守ってきた。ピンとこないまま血液内科を受診すると、今度は骨髄検査を提案された。

 3月、「骨髄異形成症候群(MDS)」と診断された。血液をつくる造血幹細胞が正常に働かなくなる病気で、貧血になったり、感染症にかかりやすくなったりする。疲れやすいのも典型的症状だ。疲れは仕事が重なって無理をしたからだとばかり思っていた。

 検査した医師は「治療には他の人の造血幹細胞を移植する方法があるが、体への負担が大きく、この病院では高齢の患者に移植はできない」と説明した。残された選択肢は、抗がん剤「ビダーザ」による治療だった。MDSが急性白血病に進行するのを抑えるが、完治は期待できないと言われた。

 すぐに入院して1週間、毎朝ビダーザの注射を打った。次の3~4週間は体を休ませ、また次の1週間毎日注射を受ける。その繰り返しで8サイクル、半年先までの治療計画が立てられた。

 治療は予想を上回る厳しさだっ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら