[PR]

 長野県教育委員会が9月、通信アプリ「LINE」を使って中高生の悩み相談を受け付けたところ、2週間で1579件のアクセスがあり、このうち547件の相談に乗れたことが分かった。県教委が10日、発表した。2016年度の1年間に電話で寄せられた相談は計259件で、LINEの方がはるかに多かった。県教委は「気軽に相談できる効果が大きい」とみて本格導入を検討する。

 文部科学省もLINEなどのSNSを使ったいじめ相談の導入を検討しているが、県教委によると、自治体がLINEを使ったのは初めて。全国から問い合わせが相次いでいるという。

 LINEによる相談は、9月10~23日の2週間、実施。「ひとりで悩まないで@長野」のアカウントを開設し、県内の中高生など約12万人に案内。期間中は午後5~9時に相談を受け付け、10人の態勢で対応したという。ただ、結果的にアクセスが集中し、対応できたのは全体の約3分の1だった。県教委によると、いじめや不登校についての悩みのほか、恋愛や進路にかかわる相談など、幅広い内容が寄せられたという。(岡林佐和)