[PR]

 引っ越し大手、アートコーポレーション(大阪市)の横浜都筑支店(横浜市)に勤めていた元従業員の男性3人が10日、同社を相手取り、未払い残業代など計376万円の支払いを求める訴訟を横浜地裁に起こした。原告と代理人弁護士らが記者会見して明らかにした。

 原告は引っ越し作業に従事していた元正社員2人と元アルバイト1人。訴状によると、原告らは「過労死ライン」とされる月100時間を超える長時間の残業を日常的にさせられていたが、2015年以降に1人あたり約65万~75万円の未払い残業代があると主張している。ほかに未払いの通勤手当なども求めている。

 同社は取材に対し「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。(村上晃一)