[PR]

 東日本大震災の発生から6年半が過ぎた。

 大きな災害の後に、うつの発症リスクが高まることは知られている。災害の記憶や死別体験、住み慣れた家を失うことも、精神的に大きなダメージになる。

 千葉大予防医学センターの佐々木由理・特任助教(保健学)らは、震災後の住居に着目し、うつの発症リスクを調べた。対象は、宮城県岩沼市の65歳以上の高齢者。震災前の2010年と震災後の13年のデータをもとに、震災後にうつになった約360人とうつにならなかった約1880人を比較し、転居した住居との関連を分析した。

 その結果、プレハブなどの仮設…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら