写真・図版

[PR]

 患者と医療者が治療方針を決めるときに活用する「診療ガイドライン」が大きく変わりつつある。科学的な根拠に基づいた最適な治療法を示す工夫に加え、ガイドラインを作る委員を公募したり議論の過程を明記したりすることで、透明性を高めようとしている。

科学的根拠 明示し「推奨」

 ガイドラインは主に病気別に作られ、患者の状態をみて最も効果的な治療法を選べるように示したものだ。患者がどの医療機関にかかっても最適な治療を受けられるよう、治療の標準化をねらっている。

 集中治療医学会、呼吸療法医学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら