[PR]

 京都府警は10日、京都市伏見区の民間廃棄物処理施設で、廃棄物の中から現金1200万円が見つかったと発表した。

 伏見署によると、9日午後4時ごろ、40代の男性職員が分別している際に、袋に入った大量の1万円札があるのを見つけたという。報告を受けた上司の男性が9日、署に届け出た。

 この施設には、近畿一円から産業廃棄物や家庭ごみが持ち込まれているという。