【動画】体操の世界選手権から帰国し、記者会見で話す白井健三と内村航平=平井隆介撮影
[PR]

 カナダ・モントリオールで行われた体操の世界選手権を終えて帰国した日本男子チームが10日、成田空港で記者会見に応じ、エース内村航平(リンガーハット)が個人総合決勝で白井健三(日体大)に託した「お守り」についての秘話を明かした。

 予選の跳馬の着地で足を負傷して途中棄権し、個人総合の連覇が6で止まった28歳の内村は、決勝を客席の片隅で見守った。21歳の白井のかばんに、内村がお守りとして手渡したゼッケン「246」が忍ばせてあったエピソードが大会中から各メディアをにぎわせたが、内村はこの日の記者会見で「健三には『持っていく?』という聞き方をしたんですが、なかば、『持っていけ!』という感じのニュアンスで言いました」と明かし、笑いを誘った。「正直なところ、僕も決勝の舞台で演技をしたかったという思いがあった。悔しい思いは表に出さないようにしていたので、せめてゼッケンだけでも一緒に演技して欲しいなという思いはありました」

 白井は初挑戦となった個人総合決勝で、6種目とも演技をまとめて銅メダルに輝いた。そして種目別のゆかと跳馬は優勝。今大会、計三つのメダルを手にした。

 内村は「健三は結果を残してくれた。(お守りは)たぶん関係なかったと思うけど、ちょっとでも精神的な支えになってくれたんだったら良かったと思います」。これを聞いた白井は「航平さんとは宿舎で同じ部屋だったんですけど、本当につらい顔は一度も見せなかった。航平さんがずっと笑顔でいてくれるなら、僕がさみしい顔をしていられないと思った。演技で航平さんに恩返しをしたかった」と学年で八つ年上の先輩を思いやった。そして、「今回、僕の結果が良かったからといって、(内村は)変わらず憧れて尊敬している選手で、その関係性はまったく変化しない」。

 一方の内村は、負傷した直後は自身の年齢も理由に、個人総合を続けていくことへの迷いも口にしていた。だが、この日の記者会見では「6種目やってこそ体操、という気持ちに揺るぎはない。仮に6種目すべてで種目別の金メダルを取ったとしても、個人総合の世界チャンピオンが手にできる一個の金メダルの方が価値があると思っている」と述べ、オールラウンダーとして今後も勝負していく決意を示した。(平井隆介