[PR]

 ホンダのオートバイ、「スーパーカブ」の愛好家が集まって走るイベントが9日、熊本県大津町のホンダ工場に隣接するサーキットであった。

 9年目の今回は、1959年製から最新モデルまで333台が参加。サーキットでは安全優先で、転倒を誘うようなスピードを出す走行は禁じられた。

 普段は業務で使われることが多いが、この日は老若男女がコーヒー片手に愛車を自慢し合った。「パリ・シャンゼリゼ通りのカフェのイメージ」と運営者。