[PR]

 大井川和彦知事は、新年度予算の概算要求で前年度より要求額を減らす「マイナスシーリング」を15年ぶりにやめることを決めた。県の財政難から、独自の施策に使う予算を削減していたが、知事選で訴えた「挑戦する茨城」の実現のために転換する。

 開会中の県議会代表質問で、公明党の八島功男議員の質問で明らかにした。

 変更するのは、①県の各部局が予算編成の際に必要な経費を要求する「概算要求」で義務付けていた前年比での減額をやめる②重要政策実現に必要な新規事業や事業拡大については要求の上限を撤廃――の2点。

 大井川氏は答弁で「(変更によ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら