[PR]

ジャパンヘアドネーション&チャリティー代表理事・渡辺貴一さん

 小児がんの治療などで髪の毛が抜けてしまったり先天的になかったりする子どものために、切った髪の寄付を募ってウィッグ(かつら)を作り、プレゼントする活動をしています。放射線治療や抗がん剤による脱毛、無毛症や脱毛症といった病気に加え、やけどや事故、手術で髪を失った子もいます。

 一つのウィッグを作るには、最低12インチ(約31センチ)の髪の束が、30人分ほど必要です。切った後の束ね方など、ホームページに書いてある寄付の手順さえ守ってもらえれば、美容院で切っても家で切っても大丈夫。届いた髪は色などをそろえる下処理をして、オーダーメイドのウィッグにしています。

 髪は、ある人にとっては、呼吸…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら