[PR]

 日本ハムの栗山英樹監督が来季も引き続き指揮を執ることが11日、正式に決まった。この日、東京都内の日本ハム東京支社で栗山監督は末沢寿一オーナーに今季終了を報告。その席で続投を要請され、受諾した。契約は1年。

 栗山監督は来季が7季目。球団では、通算11季の大沢啓二氏に次ぎ、東映時代の水原茂氏に並ぶ長さとなった。大リーグ挑戦の意思を固めている大谷のほか、中田、大野、宮西、増井がフリーエージェント(FA)で流出の可能性があるが、「今いるメンバーがベストメンバー。ファイターズのために命をかけてくれる選手と一緒に戦う」と、リーグ優勝、日本一奪回へ力を込めた。

こんなニュースも