篠遠喜彦さん(しのとお・よしひこ=米ハワイ在住のポリネシア考古学者)が4日(日本時間5日)、ホノルルの病院で死去、93歳。

 24年、東京生まれ。54年からハワイのビショップ博物館を拠点にポリネシア各地で遺跡を調査し、ポリネシア古代文化研究の第一人者とされる。96年に吉川英治文化賞を受賞。荒俣宏さんとの共著「楽園考古学」の英訳本が昨年出版された。