[PR]

 医薬品・医療機器卸のほくやく・竹山ホールディングス(HD、札幌市)は11日、傘下企業が運営する医療機関の予約システムのサーバーが不正アクセスを受け、最大で約59万7452人分の個人情報が流出した可能性がある、と発表した。

 北海道内を中心に9道府県82の医療機関の患者の電話番号やメールアドレスなどが含まれるという。同日までに流出情報の不正利用は確認されていないという。同社は不正アクセス禁止法違反などの疑いもあるとみて道警に被害を届け出た。

 不正アクセスを受けたのは、同HDの子会社「アドウイック」が運営する医療機関予約システム「シマフクロウ」。患者の氏名のほか、予約した医療機関名や生年月日などが記録されている。新サーバーへ切り替えた2014年4月以降に利用した患者の情報が流出した恐れがあるという。

 同HDによると、10日の定期…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら