[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会県予選(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は12日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで決勝があり、智弁学園が高田商を破って3年連続の優勝を果たした。3位決定戦は法隆寺国際が天理に勝ち、統合後初の近畿大会出場を決めた。智弁学園、高田商、法隆寺国際の3校は、21日に大阪市で開幕する近畿大会に県代表として出場する。

こんなニュースも